<美容お役立ち情報>脚痩せは自分なりに出来る範囲で

ウォーキングは家の近くで実践して問題ありませんが、ダラダラと歩くことの無いようにしましょう。
姿勢を意識しつつ背筋を伸ばして腕を振る、また歩幅はいつもより若干大きめに歩くようにしてください。

 

足の裏でしっかりと地面を蹴るというな感じでウォーキングを実践する際には歩いていくようにしましょう。
最初から1時間など張り切ってしまう人がいますが歩く時間は大体1日15分程度で、無理をしないようにすることが大切です。
例えば部分痩せというのは、多くの女性が求めているものですが、なかなか自宅では上手に出来ないものです。
そんな部分痩せを実現出来るのがエステであり、理想的な身体を作ることが出来るのです。 足が疲れやすく長距離のウォーキングが脚痩せを実現させるためのウォーキングの時に重たい靴を履いてしまうとできなくなってしまいます。
ウォーキングシューズをただ単に選ぶのではなく、軽量化されたタイプのものを用意するようにしてください。

 



<美容お役立ち情報>脚痩せは自分なりに出来る範囲でブログ:15 11 2019

わたしは、あさ起きたら、
からだをシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、あさの空気を吸いこむのです。
晴れの日でも晴れの日でも。
そうして、あさが来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを柔軟してからだを暖めます。
あさに柔軟を行なうと、体温が上がり、
その日1日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出てあさの空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
あめの日にも、あめの音と空気を感じれば、
からだが「ああ、あさが来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッとからだの外側も引き締めます。
心を引き締めると自然とからだも引き締まります。

そしてあさ食を摂ります。
あさ食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、柔軟して筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
あさ食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

あさ食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、あさが来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもしあさ食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
昼食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。





このページの先頭へ戻る