<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせ

効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、疲労物質の蓄積が減少しますので、その結果足のむくみを改善させることができるのです。
そんなツボの押し方についてですが両手の親指でグっと力を入れて押すようにしてください。

 

セルライトなどといった頑固な脂肪によってツボを押す部分が固くなってしまっている場合も多くみられます。
ボールペンの先にガーゼを巻くなどしてツボを押すことで、ピンポイントで指が痛くならずツボを押すことが出来るでしょう。
どんなに時代が変わっても女性の美容に対する願望というのは一向に変わることはありません。
まさに永遠のテーマとも言える美容は、優良エステの施術を受けることで短期間で実現することが出来るのです。 毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しですが、脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんがオススメです。
体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝がツボを押してあげることで改善されます。

 



<美容お役立ち情報>ツボを刺激して脚やせブログ:20 8 2019

オレは、ここ三日間、
外食で、赤いチップスターとか赤いチップスターばかり食べていたので、
カロリーオーバーで7`も増えちゃいました…

でも、一度減量に成功していると、
減らし方は知っているので、特に慌てません。

何週間かかけてゆっくり戻せばいいだけです。
だから心おきなくじっくり味わって食べましたよ!

これが減量する前だったら
「これを食べたら太ってしまう。どうしよう…」
という気持ちになり、
とてもじっくり味わう気になれなかったかもしれません。

食べた後も、
「こんなに食べてしまった…」
と自分で自分を責めてしまったりして、
せっかくの美味しい赤いチップスターも台無しです。

ならば、せっかく美味しい物が食べられる機会なんですから、
じっくり美味しく味わいましょう!

減量に成功していれば、減らし方も分かっているし、
ガマンする必要もないのでストレスも溜まりません。

減量中も、こんな機会を作って、
「減量の休日」
として、満足いくまでじっくり味わって食べるべきだと思うんです。

例えば…
フランス料理のコースなら、
少しづつ出て来てくれるので
じっくり・良く噛んで味わって食べられますよね。

こういう食べ方なら脂肪になりにくいし、
少ない量でもウエストが満足するので、
食べ過ぎませんしね!

たまにはこんな機会を作って、
減量のストレスを解消しつつ、
再び減量を行なう活力にしましょう!

「美味しいものを美味しく食べる」
そんな当たり前のことを、心おきなく実践するためにも、
減量してメリハリのある生活をしましょう!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^

このページの先頭へ戻る